羊飼いの恋はすぐそばにある

「親友」のことの論文や本を書く事になったら、どのようなことを調べる?「お母さん」の一般的な解説とかだろうか。もしくは、一個人の視点からくる意見だろうか。

ホーム

気持ち良さそうに体操する弟とよく冷えたビール

この国には、数多くの祭りが開催されているようだ。
この目で確認したことはないのに、大変よく知っている祭りは、秩父夜祭で、別名、冬祭りがある。
豪華な彫刻を施した、笠鉾と屋台の合計6基。
祭りの概要が分かる会館を観光したときに、実際の様子を写したビデオや実物大の物を観賞させてもらった。
師走の月に開かれるので、冬祭りとも呼ぶみたいだ。
参加して見てみたい祭りの一個だ。
冬祭りとは逆に、夏に開かれているのは、福岡の放生夜がよく知られ、命ある者の命を奪う事を制限する祭り。
昔は、このお祭りの開催されている間は、漁もしてはいけなかったらしい。
トラディショナルなお祭りも大事だが、私は屋台も同じく好きである。

涼しい祝日の日没は立ちっぱなしで
今更ながら、ニンテンドーDSに熱中している。
はじめは、TOEIC対策にもっと英語漬けやターゲットのソフトを買っていただけだった。
だけど、ヨドバシでゲームソフトを選んでいたら英語関係以外も目移りしてしまい、気に入るとすぐに買ってしまう。
戦国無双やマリオパーティー、桃太郎電鉄などなど。
変わり種で、旅の指さし会話帳も出ている。
これは、移動中などのちょっとした時間にも有効活用できそうだ。

じめじめした土曜の夕方に足を伸ばして

暑い日に、京都や奈良に出張に向かった。
日差しがとてもあつい!
ゆとりのある上着の上から、スーツのジャケット。
汗をかいてサウナ状態になりすぎて、スーツの背広はボロボロに。
ホテルにまでついて、仕方なく洗剤で洗った。
乾いたらその上着はホワイトムスクのいい匂いがした。
上着がボロくなあるのではないかと心配したけれど、何があっても洗わなきゃいけない心に決めていた。

喜んで踊る彼と観光地
業務で身に着けるジャケットを選びに来た。
コムサでモードとかフォーマルなところも良いけれど、天神コアもありだと思う。
20代くらいの活発な女性服のショッピングビルでラインが強調されるファッションが多い。
値段はショップによって違いが表れるが、ほとんどが安め。
そこで、購入する物を選んでいたが、小さめの物が多く取り扱われていた。
着た感じも、なんとなくあか抜けているように見えるような気がする。
なかなか素敵なショッピングができて、すごくハッピーだった。

のめり込んで口笛を吹く兄弟と観光地

歩いてすぐに海があるところに自分たちは、家があり暮らしているので、地震の際の津波を父が危惧している。
特に震災後は、海と家がどのくらい隔たっているのかとか逃げる高台はすぐ近くにあるのかとか問いかけてくる。
妻と私も憂慮しているのだけれど、造作なく条件のあう物件も見つかるわけではない。
なのだけれど、確かに津波がくるとなった折に逃げのびるコースを決定していないといけないと思う、だけど、しかし、堤防近くしか道がないので、しっかり考えたら怖いとわかった。

騒がしく大声を出すあなたと突風
見とれるくらい素敵な人に出くわしたことがありますか?
昔一度だけありました。
電車内で若い人。
同性の私ですが、ときめいてしまいました。
どれだけお手入れをしているか、という自分の努力もあると思います。
だけど、内面からにじみ出るオーラはおそらく存在しますよね。
本当に素晴らしい人がたくさんいるんだなーと感じました。

笑顔で歌う弟と暑い日差し

会社で働いていた時の先輩は、親が社長で、誰が見てもお嬢様だった。
痩せてて明るくてとにかく元気な、動物を愛する先輩。
動物愛護団体など設立して、頑張って活動を行っているようだった。
毛皮着ない、お肉食べない、動物実験取りやめ賛成。
知り合ってすぐに、家に訪問したことがあった。
一等地にある高層マンションで、東京タワーが見える。
その先輩、毛並みが清潔なシャムと同棲していた。

具合悪そうに自転車をこぐ兄弟と冷たい肉まん
仕事で話すようになった女の人がいる。
ちょっと風変わりな方で、その話がどれも興味深かった。
それに加えて、彼女は資格マニアだということ。
ベビーシッターの免許、潜水士の資格、通関士。
児童英語教師、書道師範免許、そして、元キャビンアテンダント。
公認会計士まで取得していると聞いたような。
さすがに公認会計士の件を幼馴染に話してみたところ、あなたの聞き間違いだと思う、と言われたけれど。
彼女は、二まわり年上の上司と職場結婚で寿退社していった。

笑顔で叫ぶ妹とわたし

一眼レフも、全く持って大好きだけれど、それとは違ってハマると言うくらい愛しているのがトイカメラだ。
2000円強程でcheapなトイカメラがすぐに所有できるし、SDカードがあるならばパソコンですぐに見れる。
真実味や、奇跡の瞬間を写すには、一眼レフがぴったりだと思う。
だけど、漂う雰囲気や季節感を収める時には、トイカメには他のどれにも負けないと熟考する。

余裕で話す君と枯れた森
服屋さんってなりたくないと思うのは自分だけだろうか。
勤務中、職業柄しっかりコーディネイトしないと店のイメージが悪くなる。
私なんて、外で働くときはスーツを着ればいいし、メイクも簡単で良いとされている。
休日も、自分でお気に入りの服装を選べばいいし、家で何かをするときはTシャツにジーンズで大丈夫。
なので、おそらく、ファッションにかかわる商売には、関われない。
服を買おうとしていると、店員さんがやってきて、服の説明や合わせ方を語ってくれる。
何故かそれに固まってしまい、その場から去ってしまう。
これも、店員さんって難しそうと思う大きな理由の一つだ。

↑戻る木
↑戻る木
Copyright (c) 2015 羊飼いの恋はすぐそばにある All rights reserved.